近江 梁瀬城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市五個荘梁瀬
別 名 : −
築 城 :鎌倉時代初頭
初城主:築瀬美作守か
区 分 :平城
遺 構 :土塁,堀
城域 :50m×50m

 現地への案内
交通機関
国道8号線梁瀬の信号を西に約600m、梁瀬地区の西端

詳細位置はコチラ
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2005年4月
【撮 影】2005年4月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



梁瀬城周囲の水堀
梁瀬城周囲の水堀

 現地の状況
 愛知川の左岸、和田山城のある和田山から南へ約500m、梁瀬地区の南端の竹藪の中に川(大同川か)を引き込んだ形で、幅5〜6mの水堀が西から北にかけて巡らされている。

 城域は50m×50mほどで、猛烈な孟宗竹が密集していいるが、幸いなことに一部竹が切り取られて、高さ2〜3m、土塁が確認出来る。
 この土塁は“コ”の字型に廻っているというが、宅地と隣接しており無断で歩き廻るのが躊躇われ、確認するには至らなかった至らなかった。
竹が切り取られているのは、いずれ宅地になってしまうのだろうか?

 西側に“西屋敷” という小字名が残り、ここも城域の一部ではないかと考えられている。なお、城址碑は東側の住宅地の一画に建てられている。


土塁の一部
土塁の一部

 城郭の歴史
 築瀬美作守の居城とされるが、「晴富宿禰記」などに見える若槻民部の城もこの遺構と考えられている。


HOME東近江地区

近江の城郭