近江 ヤナガ谷砦
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:彦根市中山町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:草山内膳
区 分 :平山城
遺 構 :堀切,土橋
城 域 :約500m×50m
      標高 216m
      比高 約50m

 現地への案内

国道8号線から摺峠針に入り中山町、中山投棄所の南
詳細位置はコチラ 

 駐車場
・駐車:空地に駐車

【訪 城】2008年3月
【撮 影】2008年3月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

城中最大の堀切
城中最大の堀切

 現地の状況
 ヤナガ谷城は中山町にあって、中山道の摺峠針の南約1kmに位置し、中山町の集落に沿って東に延びる幅10m〜15mの尾根(比高30m〜50m)上に約500mほどにわたって築かれている。

 500mほどの城域に曲輪が3ヶ所に集約され、それぞれの曲輪群の間は手つかずの尾根が続く。一般的に城というのは、中心となる主曲輪があって、それに付随して副曲輪や帯曲輪、袖曲輪などが築かれていくが、このヤナガ谷城の場合は、こうした城とは少々異なり、中心となる曲輪がなく、尾根に曲輪と堀切が断続的に並べられている。

 これはヤナガ谷城が、特定の敵を想定して築かれたのではなく、中山町の土豪が外敵から身を守るために、あるいは攻められた時に一時的に避難するために背後の山に築いたのではないだろうか。
 谷筋に建てられた中山投棄所を挟んで北側の山にキドラ谷砦があり、こちらは詰の城か。いずれにしても奇妙な名前がつけられており、何かいわくがありそうである。


尾根上の曲輪
尾根上の曲輪

 城郭の歴史
 詳細不明


HOME湖東地区

近江の城郭