近江 山寺城
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:草津市山寺
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :土塁,虎口
城 域 : −

 現地への案内

国道1号線草津市役所信号東入

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2000年7月
【撮 影】2000年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



山寺城の土塁
山寺城の土塁

 現地の状況
 山寺城は十二将神社の東側、竹藪一帯である。
主曲輪の広さは南北30〜35m,東西25m程度で、曲輪東側には土塁を築き、南側には土塁を利用した形で虎口、北東隅には5m四方の櫓台が設けられている。
 主曲輪の西側にかけての緩やかな傾斜地の中に、幾つかの曲輪が確認できる。

 十二将神社の鳥居から山寺城の前を通る道は、今でも「馬場」と呼ばれている。この馬場と呼ばれる道の東側はバス会社の操作場となっている。
 この操作場を造る際に周辺の城郭遺構が壊されたことであろうが、かろうじて主要な遺構を残すような形で造成されているのはせめてもの救いである。


 城郭の歴史
 宇野氏の居城とされるが、詳細は不明

HOME湖南地区

近江の城郭