近江 焼尾砦(別名 焼尾丸)
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町文室
別 名 :焼尾丸
築 城 :元亀4年(1573)
初城主:浅井長政
区 分 :山城(砦)
遺 構 :曲輪
城 域 :20mm×40m
     比高 約150m 

 現地への案内

 国道365号二俣から東入る約1km
詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用
【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



焼尾砦
焼尾砦跡

 現地の状況
 友人でもある某Websiteの情報を頼りに上山田の神明宮跡から尾根を登るが、城砦らしき地形はなく、結局大嶽城まで登ってしまった。

 下山しながら再度地形を確認するが、神明宮跡からは尾根が谷筋を越える手前に尾根幅20mほどで平坦な地形が続く辺り(標高390m付近)が、どうやら焼尾砦らしい。

 小谷山の大嶽城から北方に延びる尾根は何本もあるが、いずれも急峻で容易に登れそうもない尾根ばかりで、唯一なだらかな尾根に築かれたのが焼尾砦である。

 焼尾砦は、土塁を曲輪周囲に廻している月初丸などと較べると急造の砦という感は否めない。おそらくは小谷城の北方の守りは朝倉氏に頼っていた浅井氏が、元亀4年(1573)織田信長が北山田に陣を敷いた時に急遽焼尾砦を構えたと考えるのが妥当であろう。

神明宮
神明宮跡

 城郭の歴史
 元亀3年8月比叡山を焼き討ちした織田信長は満を持して小谷城攻めを行った。この時、大嶽城の北に位置する焼尾砦を守備していたのが浅見対馬守である。

 浅見対馬守は信長に内通し、織田軍を焼尾砦に引き入れた。これが大嶽城の落城、更には小谷城落城のきっかけとなっている。

 浅見氏が浅井氏を裏切った背景には、京極氏の内訌から始まった江北の政権争いが尾を引いているといってもよい。
 浅見貞則と浅井亮政は大永3年(1523)に京極高清の家宰上坂治郎少輔信光を上平寺城に攻めて、京極高清と上坂信光を尾張へ追放した後、高清の嫡男高延を擁して京極家当主と仰ぎ、浅見貞則の居城・尾上城を以て京極高延の本拠と定めた。

  ところが当主高延を奉じた浅見貞則は専横の振舞を帯びるに及んで、浅井亮政は貞則と争って高延を奪い小谷城に迎えると共に、先きに浅見氏と共に国外へ追放した京極高清をも小谷城へ迎い入れた。

 京極氏に代り江北に号令するようになった浅井氏に対して、従うことのなかった貞則の子・対馬守俊成に至って漸く浅井長政に従属するようになり、尾上城ともの所領を安堵された経緯がある。
 こうした過去の確執が浅見対馬守俊成の裏切りに繋がったといえるのではないか。

 なお、浅井氏を裏切った浅見対馬守俊成に対し、織田信長は小谷城落城後の論功行賞の際、「已が主を敵前謀叛したことと同じである」として、所領を悉く没収し浅井郡から追放したという。

HOME湖北地区

近江の城郭