近江 和田支城U
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲賀町和田
別 名 : −
築 城 : −
築 城 :和田伊賀守惟政
区 分 :平城
遺 構 :土塁
和田氏の紋
和田氏の紋(七曜)
(七曜)

 現地への案内

県道4号線油日農協の信号を南入る、県道51号線
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2002年6月
【撮 影】2002年6月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



曲輪周囲の空堀
曲輪周囲の空堀

 現地の状況
 足利義昭が滞在したとされる公方屋敷から、700〜800mほど南へ行くと、和田城を三角形の頂点にして,和田支城T,和田城U,和田城Vと配置され、それぞれの距離間隔はおおよそ300m程度。
和田支城Uは民家の敷地を通らずに登れるのが、有り難い。(^^)

 この城は甲賀特有の単郭方形ではなく、東側に主曲輪にも匹敵する広さの二つの曲輪を備えている。
主曲輪南側には高さ3mの土塁、西側尾根と北側尾根には堀切を入れ、更に30〜40m北にも2本の堀切を配し、北と西に対する防御意識が高く、東側の和田川を挟んで位置している和田城の西側の防御拠点と位置づけられている。

 甲賀地方における城は単郭方形で、山の一部を掘り下げ、あるいは周囲に土塁を巡らしているのが特徴といえる。
それら施設が城の防御目的というには貧弱なものが多いが、この和田支城Uは尾根から攻め上がる敵を大きな堀切を何本も入れることで、なんとかこの城でくい止めようとする意識が感じられる本格的な城である。

 縄張り、および規模から考えると、何らかの理由で和田氏は後年に本城を和田支城Uに移したのではないだろうか。
曲輪周囲の土塁
曲輪周囲の土塁

 城郭の歴史
 和田城の城主は和田伊賀守惟政と推定される。和田惟政は近江守護佐々木六角の軍奉行を務め、足利義昭を領内に亡命させ、細川藤孝らと共に将軍擁立に尽力した。

 惟政は雄琴城(大津市),芥川城(大阪府高槻市)となり、キリスト教伝来で有名なフランシスコザビエルを保護し、彼を信長に謁見させた武将として知られている。

惟政の墓だとされる五輪塔(安土町浄厳院)
惟政の墓だとされる五輪塔(安土町浄厳院)
HOME甲賀地区

近江の城郭