近江 和田城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲賀町和田
別 名 : −
築 城 : −
築 城 :和田伊賀守惟政
区 分 :平城
遺 構 :土塁
和田氏の紋
和田氏の紋(七曜)
(七曜)

 現地への案内
交通機関
県道4号線油日農協の信号を南入る、県道51号線

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2000年5月
【撮 影】2000年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



和田城の遠景
和田城の遠景

 現地の状況
 県道51号線から和田地区に入り、和田川の手前を左折するとすぐに小さな田圃を隔てた山の麓に白く小さな立て看板が見える。これが甲賀教育委員会が立てた和田城跡の説明版である。これ以外に目印はない。

 2段になった曲輪は20×20m,30×30mの方形であり、西側は急斜面で和田川へ落ち込んでいる。南側と東側は山の斜面で隔離されている。

 東側の斜面を山上へ続く道をたどり3mほど上がると、視界が急に開ける。山の斜面と思っていたのが、なんと土塁であった。高さ6m前後はあろうかという土塁と山の斜面を垂直に削り落とした壁に囲まれた削平地が現れた。その広さは50m×50mほどもあり、主曲輪と考えられる。

 曲輪内から後ろを振り返ると、入口の部分だけ土塁を築かず、幅3mほどの虎口を形成し、虎口に達するまでの道は3回の "折れ" が入れられている。

 北側の土塁は3mほどとやや低くいが、土塁を越えると急勾配の斜面となっており敵の侵入に対しても配慮されている。
 北側土塁の東隅に幅1mほどの虎口が設けられているが、虎口というよりも埋門的に使われたように思われる。
この和田城、規模こそ小さいが、城としての完成度は高い。近隣には和田支城T和田氏城U、および足利義昭が滞在したとされる公方屋敷などがある。
曲輪切岸と堀
曲輪の切岸と堀


 城郭の歴史
 和田城の城主は和田伊賀守惟政と推定される。和田惟政は近江守護佐々木六角の軍奉行を務め、足利義昭を領内に亡命させ、細川藤孝らと共に将軍擁立に尽力した。

 惟政は雄琴城(大津市),芥川城(大阪府高槻市)となり、キリスト教伝来で有名なフランシスコザビエルを保護し、彼を信長に謁見させた武将として知られている。


曲輪内の土塁


惟政の墓だとされる五輪塔(安土町浄厳院)
惟政の墓だとされる五輪塔(安土町浄厳院)

HOME甲賀地区

近江の城郭