近江 宇佐山城
HOME大津・志賀地区
 城郭の概要
所在地:大津市錦織町
別 名 :志賀の城
築 城 :元亀元年(1570)
初城主:森可成
区 分 :山城
遺 構 :石垣・空堀・升形・武者隠し
城域 :50mx160m
     標高336m 
     比高210m

織田氏の紋
織田氏の家紋・木瓜
(木瓜)

 現地への案内
交通機関
国道161号線柳ケ崎交差点西入る

詳細位置はコチラ 

 駐車場
八幡宮参道に数台駐車可能

【訪 城】1999年7月
【撮 影】1999年7月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



二の丸の石垣
二の丸の石垣

 現地の状況
 宇佐山城へは近江神宮に隣接する宇佐八幡宮の参道から登ること約20分で尾根に出るが、道は少々判り難い。
 
 宇佐山城は3つの曲輪から構成されており、テレビ塔の建っているところが本丸で、南側の一段下がった曲輪の南斜面には20mにわたって高石垣が築かれている。

 雑木のために展望は北方しかきかないが、この方面には今道越え(山中越え又は県道30号線)があり、雑木を刈り取れば今道越えを一望できることは間違いない。

 また、少し距離はあるが、逢坂越え(東海道)をも押さえることは十分可能であり、織田信長が京への街道を確保するためにこの宇佐山城を築いたことが窺える。


 城郭の歴史
 元亀元年(1570)4月、越前・朝倉攻めの際、浅井長政に背後を衝かれ、あわてて京都へ逃げ帰った織田信長は、京都から岐阜城へ帰陣に先立ち築いた城が宇佐山城で、配下の森可成(よしなり)に守備させた。

 元亀元年9月、石山本願寺攻めをする信長の隙を衝いて、浅井・朝倉軍は宇佐山城を攻めた。浅井・朝倉軍は2万、これに対し宇佐山城を守る森可成の配下は500人余り、城兵は奮戦するも、9月11日に落城した。

 宇佐山城の落城を知った信長はすぐさま摂津より引き返し、宇佐山城を奪回し、比叡山、壺笠山城に楯籠もる浅井・朝倉連合軍と対峙したが、比叡山からの援助を受ける浅井・朝倉軍に対し四方に敵を抱えた信長は、勅命を仰ぎ和議を結ぶと岐阜に帰陣した。

 翌元亀2年9月、信長は浅井・朝倉に味方した比叡山に対し焼き討ちをかけた。元亀3年(1572)に坂本城が築城されると、宇佐山城も廃城となる。

HOME大津・志賀地区

近江の城郭