長法寺城

【城郭の概要】

所在地:高島市高島町字長法寺
別 名 :−
築 城 :−
初城主:−
区 分 :山城 
遺 構 :土塁,削平地
面 積 :50m×50m


曲輪の内部
曲輪の内部

・交通:国道161号線、JR高島駅裏手
・駐車:日吉神社前に10台
・撮影:2001年10月
遺構の保存状態
遺構確認し易さ
体力消耗度 ★★★
お勧め度 ★★

★の数の多い方が良い(または、激しい)
【現地の状況】
 打下城から稜線を北に歩くと標識がある。ここから約10分ほど下ると長法寺城に出る。曲輪は山の斜面を35m×40mほどの単郭方形に掘り下げて造られている。

 南側の切岸は高さ3mほどもあり、一部石が使われているようであるが、埋め込まれている石が少なく断定は出来ない。


 稜線の所々から眺める琵琶湖の眺望は素晴らしく、山歩きにはお勧めである。


【城郭の歴史】
 
高島七ケ寺の一つである長法寺跡にあるが、詳細不明

石積みの名残
石積みの名残



近江の城郭