近江 土山城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市土山町北土山
別 名 : −
築 城 :文明年間(1469〜1487)
初城主:土山鹿之助盛忠
区 分 :平山城
遺 構 :空堀,土塁,堀切
城域 : −

 現地への案内

国道1号線土山町役場信号北入る、東へ200m、わらく公園前
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年7月
【撮 影】2001年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



谷筋から城域に入る虎口
谷筋から城域に入る虎口

 現地の状況
 緩やかな傾斜の谷筋の山道を約5分ほど登ると、分厚い土塁で造られた虎口に到着する。虎口横の武者隠し的な曲輪が目を引く。

 城域は東西に広がる緩やかな丘陵地としている。曲輪配置は丘陵地の高低差を巧みに利用しており、土塁と思えば曲輪の切岸で、切岸を登り、空堀を越え30分は歩き回らないと全貌が掴めない。

 主曲輪の東には袖曲輪を介して堀切を2本配置し、また南には土橋を介して馬出し曲輪を設け、虎口は枡形と単純明快な中にも先進的な縄張りがなされている。

Y字型の土橋
Y字型の土橋

 城郭の歴史
 土山城は文明年間(1469〜1487)音羽野城主頓宮四方介利盛の二男・土山鹿之助盛忠の築いた城とされる。
土山鹿之助は甲賀武士五十三家で、また二十一家にも数えられる甲賀の名門である。

 天正10年(1582)土山左近太夫盛綱に至り、織田信長の家臣滝川一益の甲賀攻めまで子孫相次いで本城の領主であったが、甲賀攻めを契機に滝川氏に属している。

 土山城の規模は東西60m、南北50mの主曲輪以外に、広大な空堀や土塁を巡らす住居跡がある。
HOME甲賀地区

近江の城郭