近江 山中城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市土山町山中
別 名 : −
築 城 : −
初城主:山中悛直
区 分 :平城
遺 構 : −
城域 : −

 現地への案内

国道1号線 土山町山中地区

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年7月
【撮 影】2001年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



鈴鹿峠手前に建つ山中城の石碑
鈴鹿峠手前に建つ山中城の石碑

 現地の状況
 山中城は国道1号線の鈴鹿峠を越える手前の山中地区にあり、現在では国道1号線に面した熊谷板金の駐車場横に城址碑が建つのみである。

 辺り一帯は階段状の畑地となっており、城址の面影もみられない。
近くには大門、堀内、同心屋敷などの地名が残っている。


 城郭の歴史
 山中氏は建久年間(1190〜98)以降、鎌倉幕府の命をうけ鈴鹿山警固役として、山中悛直から代々鈴鹿の関所を守り、山賊などの討伐もおこなってきた。

 山中俊信の代には居館を柏本荘(水口)に移し、山中城は一族が守つていたが、天正13年(1585)豊臣秀吉のために城地を没収された。
HOME甲賀地区

近江の城郭