近江 塚の越古墳砦
HOME湖北の城郭
【城郭の概要】

所在地:米原市新庄
      (旧坂田郡近江町新庄)
別 名 :−
築 城 :−
初城主:−
区 分 :砦 
遺 構 :−
面 積 :−

曲輪西側の土塁
曲輪西側の土塁

・交通:国道8号線顔戸信号東入る

・駐車:なし
・撮影:2001年7月
遺構の保存状態
遺構確認し易さ
体力消耗度
お勧め度

★の数の多い方が良い(または、激しい)
【現地の状況】
 塚の越古墳砦は古墳を利用した砦で、曲輪は約10mの方状と規模は小さいが、北〜西〜南の三方は高さ2mほどの土塁でかためられている。


【城郭の歴史】
 塚の越古墳は6世紀の初頭に築造された前方後円墳で、今は墳丘部の覆土や石室の石材の大半が運び去られている。
 新庄薬師堂所蔵の画文帯神獣鏡が出土して伝世されている。1989年の発掘調査により、みごとな葺石や石見型楯形埴輪が大量に出土し、湖北における横穴式石室導入期の古墳として注目されている。
現地案内板より



 近江の城郭