近江 多羅尾屋敷
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市信楽町多羅尾
別 名 : −
築 城 : −
初城主:多羅尾氏
区 分 :平城
遺 構 :石垣
城域 : −

 現地への案内

県道138号線多羅尾地区

 駐車場
空地を利用

【訪 城】1999年5月
【撮 影】1999年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



多羅尾屋敷の遠望
多羅尾屋敷の遠景

 現地の状況
 多羅尾屋敷には現在も多羅尾氏の子孫がお住まいである。城内を見せて頂けるようにお願いするも、にべもなく断られる。(^^;

 敷地内には立入禁止の立て札が立てられている。断り無しに敷地内に入るのは絶対やめておこう。


 城郭の歴史
 多羅尾氏は甲賀五十三家の一家で、その祖先は近衛家だとされる。嘉元元年(1303)には信楽の判官代として多羅尾を領した。

 屋敷の向いにある丘に出城を設けていたとされる。
なお、多羅尾氏は田上城(大津市田上里町)をも築いており、甲賀から大津まで広い範囲で勢力をもっていたことを窺わせる。
HOME甲賀地区

近江の城郭