近江 種村城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市種町
別 名 : −
築 城 : −
初城主:種村伊豆守高成
区 分 :平城
遺 構 :堀
城域 : −

 現地への案内

国道8号線、北上愛知川手前信号を西入

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年7月
【撮 影】2001年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



種村城跡に建てられた石碑
種村城跡に建てられた石碑

 現地の状況
 種村城は大同川にかかる木代保橋の北東、現在は田圃となっている一帯とされ、橋の横には城址を示す石碑が建てられている。

 大同川を堀として利用するような形で築城されており、この地域には垣見城伊庭城小川城など、川を堀として利用している城郭がいくつもあり、地域の特徴が出ており興味深い。

 木代保橋から東へ40mほどにある細い道が当時の城門跡だといい、この周辺には「大開き」,「小開き」といった小字名が残っている。(地元にお住まいの種村氏末裔の方から情報を頂きました)
城門があったとされる通路
城門があったとされる通路

 城郭の歴史
 六角政頼の次男伊豆守高成がこの地を領して種村氏を称し、種村城を築いた。
種村城の前を流れる大同川
種村城の前を流れる大同川


HOME東近江地区

近江の城郭