近江 多喜山城
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:栗東市六地蔵
別 名 :日向山城
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :土塁,枡形虎口,石垣
城 域 :130m×50m

 現地への案内

国道1号線南入る、県道12号線団地前バス停
詳細位置はコチラ 

 駐車場
登り口の広場に5〜6台駐車可

【訪 城】2002年6月
【撮 影】2002年6月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



日向山山頂から東海道を遠望
日向山山頂から東海道を遠望

 現地の状況
 多喜山城は日向山(標高220m)の山頂にあり、頂部の平坦地を利用して60m×50mの主曲輪と主曲輪西側に袖曲輪を配した小振りな山城である。

 主曲輪には東と西に虎口が設けられ、西虎口は幅2mほどの平虎口であるが、虎口脇に2〜3段の石垣を積み上げている。
 東虎口部は斜面の傾斜が急な上に、倒木とブッシュで荒れているが、この虎口が城中で最大の見所で、斜面と地形を巧みに利用し、2本の土塁を組み合わせるだけで3折れの枡形虎口を見事に作り出している。

 主曲輪の中央から西寄りに井戸がある。また、東側には周囲を土塁で囲んだ、15m×15mほどの空間があり、虎口は設けられておらず、天守閣の穴蔵のような構造である。物見櫓のようなものが建てられていたのだろうか。

 山頂からは西に中山道(東山道)、北に東海道を一望し、視界を遮るものは何もない。まさしく街道を押さえる城である。
一方東に目を転じると、元亀年間に六角承禎が立て籠もった石部城があり、その距離約3km。
 多喜山城をこの地方における戦いと関連付けた場合、六角承禎が立て籠もる石部城攻略のため、織田軍が築いた付城ではないかと想像される。

 更には、石部城の東に位置する丸岡城(鉗子袋)も二重の堀を廻らせ、堀を屈曲させるなど石部城を取り巻く関係の中では注目される城である。

多喜山城の縄張り図
多喜山城の縄張り図


 城郭の歴史
 要衝の地に高度な築城技術で造られているにもかかわらず、この城に関しては記述されているものはない。

西側虎口の石積み
西側虎口の石積み
HOME湖南地区

近江の城郭