近江 滝川城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲賀町櫟野
別 名 :五反田城
築 城 :室町時代
初城主:滝川氏
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,堀切
城域 :250m×100m
     町指定史跡

滝川氏の紋

(丸に竪木瓜)
 現地への案内

県道4号線、五反田陸橋から2km北上櫟野寺の手前
詳細位置はコチラ 

 駐車場
【訪 城】2000年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



背後の堀切
背後の堀切

 現地の状況
 滝川城は櫟野川に突き出した比高30mほどの舌状尾根の先端に築かれ、東側の斜面を登ると左右に2つの小曲輪を経て主曲輪虎口に至る。虎口に至るまでの道を故意的に2曲りさせているのが見て取れる。

 主曲輪の広さは30m×40mほどで、北側に高さ2mほどの土塁を設け、背後の尾根は堀切で処理しているために尾根が土塁の役目を果たしている。
北側土塁の中央に山の神が祀られているが、この部分だけ開口されており、物見のためか。
 主曲輪西側にも2つの袖曲輪が配し、比高差のある切岸を造り出している。

 なお、櫟野川を挟んだ北側には、滝川城の出城とされる滝川支城がある。
滝川城の遠景
滝川城の遠景

 城郭の歴史
 滝川城は滝川一益が生まれ、居城したと伝えられている。
一益は大原氏の一族で後に織田家臣団の中核となって関東管領となるのだが、元亀元年(1570)織田信長と甲賀武士団との戦い以後、一益は大原同名中から除名されている。
主曲輪北側の土塁
主曲輪北側の土塁
HOME甲賀地区

近江の城郭