近江 高取城
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:彦根市男鬼町
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :堀切,堅堀,土塁,横堀
城 域 :250m×100m
      標高 684m
      比高 比婆神社から約100m

 現地への案内

鳥居本から滝谷武奈林道に入り、比婆神社へ
詳細位置はコチラ 

 駐車場
比婆神社に約110台程度

【訪 城】
2001年11月,2008年3月
【撮 影】2008年3月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



袖曲輪と尾根上曲輪
袖曲輪と尾根上曲輪

 現地の状況
 高取城は霊仙岳の南西、標高684mの高取山山頂付近に築かれており、高取山へは彦根市鳥居本から滝谷武奈林道を利用するのがアプローチの距離も短く最適である。

 滝谷武奈林道から男鬼町(おおりちょう)にある比婆神社方面に向い、今は廃村となっている男鬼の山村から比婆神社の鳥居をくぐって、山道を更に車で上ること約10分で比婆神社の駐車場に出る。

 比婆神社への山道は一車線幅で舗装され、参拝のため定期的に倒木、落石の除去などがなされているようではあるが、普通車の場合は多少注意を要する。
比婆神社
比婆神社
林道と高取山
林道と高取山

 比婆神社背後の尾根につけられた細い小道を南へ辿ると、約10分で比婆之山山頂(標高670m)に出る。この山頂から尾根は東と西に分かれるが、霊仙山方面に延びる東尾根(左手)を下る道をとると、15分ほどで尾根の両側に竪堀を入れた城域の西端に着く。この竪堀の規模はさほど大きくはないが、竪堀と確認するには十分である。

 比高差10mほどの斜面を登ると西側に高さ1mほどの土塁を巡らせた25m×30mほどの楕円形をした曲輪に出る。ここから尾根幅15〜30mの尾根上に階段状の曲輪が10段にわたって続き主曲輪に至る。
 この間、曲輪間に堀切が1条設けられているが、尾根の斜度を利用して作りだした切岸防御を主体としたつくりである。
 山頂の主曲輪は30m×20mほどで、尾根は南と東に延び、南尾根には4つの曲輪、東尾根は主曲輪東端の土塁を介して2条の堀切と横堀を入れている。

 この高取城一帯は小ナラとブナの林で、落葉期には日光が降り注ぎ、山城と共に素晴らしい山の風景を楽しめるお奨めの1城である。
また、新緑や紅葉の時期も、折々の景色を楽しめることは間違いない。

 この高取城の城域は東西250m、南北100mほどの範囲におよび、主要な街道である中山道から遠く離れた山また山の山中に、これだけ大きな城を築く必要性がどこにあったのか。

 一説には「年貢道」と云われる裏街道が近くを走っており、間道の押さえとして築かれたとの考えもある。
 高取城からは醒ケ井,彦根、および多賀の町が遠望でき、方位計などもない時代に間道として利用する時に、町並みが見えることは非常に重要で、中山道の間道の監視目的の城であるという側面は否定できない。
 しかし、こうした間道を押さえるだけなら小さな砦でも十分で、このような大規模な城は必要ないはずである。
 仮に高取城に兵士を入れるとすれば、その広さからは数百人〜千人規模であり、軍事的な目的があったことは間違いなく、地理的には佐和山城鎌刃城が意識される。



高取城をもっと紹介

階段状の曲輪
階段状の曲輪


主曲輪と東端の土塁
主曲輪と東端の土塁

主曲輪背後の二重の堀切
主曲輪背後の二重の堀切


主曲輪背後の堀切
主曲輪背後の堀切

HOME湖東地区

近江の城郭