近江 田部山城
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡木之本町田部
別 名 : −
築 城 : −
初城主:田部氏
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堅堀
城 域 :30m×150m
     標高 232m
     比高 約150m


 現地への案内

 国道365号田部の信号を東入る、等波神社
詳細位置はコチラ 

 駐車場
 等波神社隣の田部公民館の空地を利用

【訪 城】2008年4月
【撮 影】2008年4月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



主曲輪の土塁
主曲輪の土塁

 現地の状況
 田部山城は北国街道(国道8号線)と北国脇往還道(国道365号線)が交わる木之本の町を見下ろす標高232mの田部山(通称城山)の山頂付近に築かれている。

 田部山の南麓にある等波神社から登ると、約20分ほどで土塁を巡らせた副曲輪に着く。東西に延びる幅20〜30mほどの尾根に約150mにわたって主曲輪と副曲輪の2つの曲輪を連ね、北側と南側に高さ1mほどの低土塁を巡らせている。
また、主曲輪背後には狭くなった尾根の左右に堅堀を入れることで、土橋状地形とともに虎口を形成している。
主曲輪背後の堅堀
主曲輪背後の堅堀

 城郭の歴史
 浅井氏の被官である田部氏の居城であったが、元亀4年(1573)小谷城を攻める織田信長に対し、朝倉義景が田部山に布陣したことが信長公記に記されている。

----------------------------以下、信長公記の抜粋
 八月十日、大づくの北山田山に悉く陣どらせ、越前への通路御取切り候。朝倉左京太夫義影後巻きとして二万ばかり罷立、与語・木本・たべ山に陣取り候。
----------------------------
田部山からみる小谷山
田部山城からみる小谷山
 小谷城を攻める織田軍が布陣したのは、写真の平野部辺りではなかったか。

HOME湖北地区

近江の城郭