近江 西正福寺城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:湖南市正福寺
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,横堀,井戸,土橋
城域 :100m×100m

 現地への案内

県道27号線菩提寺の信号を西へ約1.5km

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年12月
【撮 影】2001年12月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




主曲輪の土塁

 現地の状況
 西正福寺城は正福寺(大日寺)の西側に位置し、清寿寺跡の南西一帯である。
幾つかの削平地がある中で、中心部に南北約 35m、東西約40mの主曲輪がある。主曲輪の北〜東〜西には土塁を巡らし、中でも東側の土塁は高さ6〜7mにもおよび圧巻である。また周囲には幅 7〜8mの横堀を配している。

 主曲輪の北,南、および西側に虎口を設けている。南側虎口は平虎口であるが、北及び西側の虎口は"折れ"を入れた構造となっているのは注目される。特に北側虎口は横堀に掛けた土橋を経て虎口を設けており、技術的にも注目される。
 なお、正福寺(大日寺)の東側には東正福寺城が築かれている。

主曲輪虎口
主曲輪虎口

 城郭の歴史
 清寿寺関連の遺跡の可能性もありとされているが、詳細は不明。

虎口前の土橋
虎口前の土橋


HOME甲賀地区

近江の城郭