近江 尊勝寺城
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:長浜市尊勝寺町
     (旧東浅井郡浅井町尊勝寺)
別 名 : −
築 城 : −
初城主:東野行一? 大橋秀元?
区 分 :平城
遺 構 :土塁,堀
城 域 :70m×40m


 現地への案内

 国道307号線尊勝寺
詳細位置はコチラ 

 駐車場
駐車場なし
【訪 城】2001年5月
【撮 影】

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

田んぼの中に残る土塁
田んぼの中に残る土塁

 現地の状況
 尊勝寺地区にある平野神社が尊勝寺城の城址で、平野神社の東〜南〜西にかけて、高さ2mほどの土塁が巡っている。
 土塁は基底部で幅5〜6mはあり、かなり分厚い。その周囲を取り巻く幅1mほどの堀もしっかりと確認できる。

 平野神社の北側にある称名寺との間の田んぼの中に、長さ20mほどにわたって土塁がしっかりと残っており、城域としては南北70m,東西40mぐらいであろうか。


 城郭の歴史
 平野神社の北側に位置する称名寺は、湖北十ヶ寺のひとつで津布良山と号し、もとは美濃国安八郡津布良荘奥村(現大垣市あたり)に寺基をおいたが、文明13年(1482)に教円が本願寺蓮如に帰依し真宗に改め天正年間(1573〜1592)に近江に移ったとされる。

 従って、尊勝寺城の跡に称名寺が建てられたと考えるのが妥当であるが、称名寺は方一町ほどの堀で囲まれた「多賀古屋敷」と呼ばれる土豪居館の跡に建てられており、平野神社を含む、複雑な複合遺跡である。
また、この尊勝寺が小谷城下の一部であったとも考えられている。

 なお、称名寺は湖北十ヶ寺衆として、元亀年間(1558〜1573)に浅井氏と連合して織田信長に対抗したと考えられている。
 天正5年(若しくは同7年)8月17日の顕如消息によれば、信長の加賀出兵に際して、称名寺の教宗が北陸に下されており、天正年間(1573〜1592)の石山合戦にも参戦していたようである。





お薦めの書籍







HOME湖北地区

近江の城郭