近江 曽根城
HOME東近江地区
 城郭の概要
東近江市曽根町
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 : −
城域 : −

 現地への案内
交通機関
国道307号線、妹南の信号を東入る曽根町

詳細位置はコチラ
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年6月
【撮 影】2001年6月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



曽根城の址
曽根城の址

 現地の状況
 JA西小椋のカントリーエレベータの建っている辺りが曽根城址であるが、一帯は改変されて遺構は残されていない。

 城郭の歴史
 曽根城は愛知川の河岸段丘に築かれた城で、付近には高野城小倉城上岸本城青山城、中戸城、鯰江城など愛知川の河岸段丘上の築かれた城砦が点在している。

 これらは南北朝期から戦国期にかけて愛知川流域を支配していた小倉氏、およびその支族達によって築城されたのもである。
HOME東近江地区

近江の城郭