近江 下之郷城
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:犬上郡甲良町下之郷
別 名 : −
築 城 : −
初城主:多賀豊後守
区 分 :平城
遺 構 :土塁?
城 域 : −

 現地への案内
交通機関
県道330号線、甲良町役場の信号を南西に500m、桂城神社が目印

近江鉄道尼子駅から約1km

詳細位置はコチラ 


 駐車場
下之郷、宝連寺前の駐車場を利用


【訪 城】2003年11月
【撮 影】2003年11月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



下之郷城があったとされる一帯
下之郷城があったとされる一帯

 現地の状況
 桂城神社の南隣の田圃の一画に「小字 城 殿城とゆかしき名のみ残りけり」と掘られた石碑が建てられ、下之郷城の位置が示されている。
 しかし、地元の人の話ではここより100mほど西のT氏宅の裏庭一帯が下之郷城だと云う。T氏宅の裏庭竹藪の中には、桂城神社の中にある五十告神社が移転する前の位置を示す石碑の建てられている。

 桂城神社には四つ目結いの紋があり、この辺りは六角氏と京極氏との国境になった地域だけに、いろんな曰く因縁がありそうである。
 地元には、こうした歴史に詳しい「古文書さん」と呼ばれる方がおられるとか。

 なお、下之郷には「殿城」という字名が残っている。また。下之郷農事集会所の前の空地は、藤堂高虎の父・虎高が居住していたという。近くには、藤堂高虎が出生したとされる在士館がある。
「殿城」という字名が残る一帯
「殿城」という字名が残る一帯

 城郭の歴史
 「大洞弁天当国古城主名札」に、下之郷村城主多賀豊後守、二階堂出羽入道、多賀修理とある。


HOME湖東地区

近江の城郭