近江 下迫城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡日野町下迫
別 名 : −
築 城 : −
初城主:三木氏か
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,堀切
城域 :200m×100m

 現地への案内
交通機関
国道307号線別所の信号東、県道183号線

詳細位置はコチラ mapfan

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年4月
【撮 影】2001年4月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



薬研堀の堀切
薬研堀の堀切

 現地の状況
 下迫城は下迫地区の法泉寺の裏山一帯であるが、麓には民家が建ち並び、直接アプローチできない。
 法泉寺を右に巻いて寺の左手後方(南斜面)から竹林の急な斜面を登りきると30m四方の曲輪に出る。

 曲輪の北側は高さ10mほどの切岸、南側は高さ10mほどの土塁で囲まれており、土塁の壁は圧巻だ。また東側には平虎口が設けられており、いやがうえにも期待感が高まる。

 北側切岸を登り切ると、東西7〜8m、南北20mの主曲輪に出る。主曲輪の北は幅5m、深さ3mの堀切が配され、堀切を超えると、東西40m、南北50mの広い曲輪に出る。
周囲には土塁を巡らし、北側に平虎口が配されている。この虎口を抜けると堀底道となり東斜面を下っている。この道が大手か。

 手入れがされていない竹林のために曲輪内は相当荒れてはいるが、遺構の状態は良好で、規模は小さいながらも、東近江におけるお勧めの1城である。

 城郭の歴史
 蒲生氏支流の三木氏の居城か?

HOME東近江地区

近江の城郭