近江 瀬田城

HOME近江の城郭 大津・志賀地区
 城郭の概要
所在地:大津市瀬田
別 名 : −
築 城 : −
初城主:山岡景房
区 分 :平城 
遺 構 : −
面 積 : −

 現地への案内
交通機関は車を利用
瀬田唐橋東詰め県道29号線を南へ500m
JR石山駅から、徒歩約20分
詳細位置はコチラ 

駐車場はなし

【訪 城】2000年6月
【撮 影】2000年6月,2008年9月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



瀬田城跡の建つ、在りし日の臨湖庵
瀬田城跡に建つ、在りし日の臨湖庵

 現地の状況
  瀬田城跡には臨湖庵という料亭が建っていたが、2008年に近江・臨湖庵と名付けられた高層のマンションが建てられた。

 在りし日の臨湖庵は数寄屋風の小振りな門と、玄関前には高さ5mほどの土塁を思わせる築山もあったが、そういった風情などは全くなくなり、城郭建築を想像させる白壁の塀がマンションの前にあるだけだ。

 瀬田城の跡に臨湖庵が建ち、その跡地に料理旅館、料理旅館の跡に高層マンション、これも時代の流れか。

 武田信玄が根羽村横旗の陣中で臨終の際に、「我が軍旗を瀬田に立てよ」と云ったとか、その真意のほどは別にして、瀬田が京を押さえる要衝の地であるからに他ならない。
 現在も唐橋の他、国道1号線,名神高速,JR,新幹線など、交通の幹線が瀬田川を渡り、交通の要衝であることは今も変わりない。
瀬田の唐橋
瀬田の唐橋

 城郭の歴史
 瀬田城は、瀬田唐橋の東南畔に位置し、窪江城と共に瀬田橋と東海・東山道を監視する軍事的要衝の地を占めていた。
 この瀬田城は、「寛政改修諸家譜」によれば、瀬田の土豪山岡氏の一族で、田上城主であった山岡資広が永享年間に初めて築城したとされ、以後、瀬田城は代々山岡氏の居城となった。

 山岡氏は、当初六角氏の被官であったが、永禄11年(1568)、織田信長の入京後は一転して織田方に属した。

 天正10年(1582)、明智光秀が本能寺に信長を討ち、安土城に向かおうとした際、瀬田城主山岡景隆を味方に引き入れようとしたが、景隆は主君の恩顧を裏切れないという理山で、光秀の行手を妨げるために瀬田橋を焼き落とし、甲賀へ引き上げたという。以後、瀬田城は廃城となった。

 その後、膳所藩の別亭となり禅僧天寧が庵をたて「臨江庵」と名付けたという。

臨湖庵跡地に建てられたマンション
臨湖庵跡地に建てられたマンション
HOME近江の城郭 大津・志賀地区


近江の城郭