近江 篠山城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲賀町鳥居野
別 名 : −
築 城 :慶長年間(1569〜1615)
初城主:大原篠山理兵衛景春
区 分 :平城
遺 構 :土塁・堀
城域 :100mx150m
     町指定史跡

 現地への案内

県道4号線甲賀駅前を北入る

 駐車場
大鳥神社に20台駐車可

【訪 城】2000年5月
【撮 影】2000年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




大鳥神社本殿横の土塁

 現地の状況
 篠山城は現在の大鳥神社の建っている位置にあったといわれており、大鳥神社の境内奥の西側には高さ3mの土塁と、土塁により形成された空跡を確認することができる。

 空堀は30mの間隔を置いて、二重構造となって大鳥神社本殿を囲むような形で掘られている。また、大島神社の本殿東側には、庭園と思われる遺構も確認できる。

 大鳥神社の前(東)の大原川は東側から北側に向きを変えて流れてこの丘陵地一帯を囲むように流れており、外堀として利用していたことが想像される。

 篠山城は土塁で構成される城郭の規模としては甲賀地区の中でも最大のものといわれている。また、空堀を二重に配しているのは近江では非常に珍しい。

大鳥神社前を流れる大原川
大鳥神社前を流れる大原川

 城郭の歴史
 慶長5年(1600)6月、徳川家康は上杉景勝を討つため伏見城より東下、石部で宿泊をしていた。水口岡山城主・長束正家が参上して、水口岡山城への招待を申し入れたが、篠山城主・篠山備中守理兵衛景春は、豊臣方の策謀であると家康に告げ、夜中に家康を鈴鹿峠まで送った。

 慶長5年8月1日、篠山備中守理兵衛景春は鳥居元忠の麾下に属して伏見城の守備に入った。
長束正家は伏見城に立て籠もる甲賀武士に妻子を人質として降伏をすすめたが応じず、伏見城は落城し篠山備中守理兵衛景春は戦死。

 篠山城は理兵衛の戦死で廃城となるが、徳川幕政下では再び篠山氏は同地で陣を構え代官となる。


HOME甲賀地区

近江の城郭