坂本の石垣


滋賀院門跡の高石垣

 坂本の南に位置する穴太は、石積み技術をもった穴太衆発祥の地である。従来、安土城の石垣は穴太衆によって積まれたものという考え方は最近否定されつつあるが、穴太衆が全国各地の城の築城に関わったことはほぼ間違いのない事実であろう。
 坂本の町を歩くと、いわゆる穴太積みと云われる石垣をいたる所で見ることが出来る。中でも、滋賀院門跡の高石垣は、坂本の町の中で最も高い石垣である。



 元々、穴太積みの由来は、穴太衆が積んだ石垣と云うことで名付けられているが、基本的には野面積みである。坂本の町を歩くと、“横目地の通ったもの”、あるいは“立石(方形の長手方向を縦にして石積みを行う)”など、いろんな石垣を見ることが出来る。いずれにしても、大きな石と小さな石を組み合わせて組んだ石垣はいつまで観ていても飽きることがない。
  ・穴太積みの石垣について





坂本城へ戻る


近江の城郭