近江 籠城山城
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:犬上郡多賀町敏満寺
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :山城
遺 構 :土塁,食い違い虎口
面 積 :50m×30m
     比高 約100m

 現地への案内
交通機関
国道307号線敏満寺中の信号を南入る、県道226号線を約1.5km、金屋橋の北

詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2003年5月
【撮 影】2003年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



山頂付近の斜面から見る犬上川と勝楽寺山
山頂付近から見る犬上川と勝楽寺山

 現地の状況
 籠城山城は、鈴鹿山系が湖東平野・多賀に張り出した先端の青竜山の南端に築かれ、山の南〜東斜面は山麓を流れる犬上川に落ち込む要害地形である。
 ちなみに、この山は山形がドジョウに似ていることから「どじょう山」とも「どんじょ山」とも云うらしい。

 登り口を地元に方に訪ねても、今では道らしきものは無いとのこと。仕方なくかなりの急斜面ではあるが最短距離の南斜面から登ると10分足らずで山頂尾根に出る。

 尾根の北端に、南北50m、東西30mの曲輪がある。曲輪周囲には高さ1mほどの土塁が築かれた単郭の城である。
 曲輪の北側には食い違い虎口が明瞭に残っている。南側にも虎口があるが、こちらは平虎口で、北に大手を開いていたのではないかと考えられる。

 北1.5kmには敏満寺城、南1kmには勝楽寺城があり、こうした城に何らかの関係があったことは間違いなさそうである。

 城郭の歴史
 詳細不明

HOME湖東地区

近江の城郭