近江 音羽野城(頓宮屋敷)
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市土山町瀬の音
別 名 :頓宮屋敷
築 城 :文明年間(1470〜1486)
初城主:頓宮四方介利盛
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空堀,庭園
城域 :50m×60m

 現地への案内

国道1号線より県道9号線(大河原北土山線)を北上、野洲川・青瀬橋手前


 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年7月
【撮 影】2001年7月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




音羽野城周囲の土塁

 現地の状況
 野洲川にかかる青瀬橋手前の案内板横から南東斜面を登りきると曲輪の北側に出る。時間にして約5分。

 音羽野城は甲賀特有の方形単郭の城郭ではあるが、曲輪は50m×60mと広い。
曲輪周囲には北側を除いた三方に土塁が巡らされており、南側の土塁は高さ3〜4mに及ぶ見事な土塁である。

 また、周囲には空堀が西〜南〜東に巡らされ、南側は二重空堀としている。北側に堀はないが急斜面で野洲川に落ち込んでいる。

 虎口は南側に2ヶ所,東側に1ヶ所設けられ、東と南東のものは平虎口であるが、南西の虎口は空堀を巧みに使い枡形を形成している。この虎口の配置から大手は南か。

 この音羽野城にはどういう訳か曲輪内に庭園がある。江戸期ならいざ知らず、戦国期の小領主の城に庭園があるのは腑に落ちない。
 庭園をめで楽しんだのは、果たして誰か。思いつく人物は、近江守護職の六角承禎以外には考えられないのだが・・・・・・・。
 永禄11年に居城・観音寺城を追われた六角承禎は、その後伊賀・甲賀に潜むが、その隠れ城のひとつが、この音羽野城であったのかもしれない。

音羽野城の曲輪を取り巻く堀
音羽野城の堀

 城郭の歴史
 文明年間(1470〜1486)頓宮四方介利盛が音羽野村を領した後、音羽野城を築城して、頓宮城より移り住んだ。

 元亀元年(1570)近江の守護職佐々木六角氏が没落した後、頓宮因幡守守孝は織田信長に降ったが、天正13年(1585)豊臣秀吉によって領地を没収された。
HOME甲賀地区

近江の城郭