近江 沖島尾山城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:近江八幡市沖島町
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :海賊城
遺 構 :曲輪,石積み
城域 : −
     比高 約100m

 現地への案内

国道8号線の友定町信号から県道26号線を北上し、国民休暇村の東約1kmの堀切港から沖島へ
詳細位置はコチラ 

沖島通船の時刻表はこちら
 駐車場
堀切港近くの空地に駐車
【訪 城】2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



階段状の曲輪
階段状の曲輪

 現地の状況
 沖島尾山城は沖島港の北、ケンケン山と呼ばれる山の中腹に築かれており、沖島公民館横から幅1mほどの道がつけられている。登り始めると、すぐに斜面につくられた狭いスペースを利用した墓地が続く。これら墓地は尾山城の小曲輪を利用しているようだ。

 山林に入ると左右に階段状の曲輪が延々と続く。一説によれば、曲輪の数は400以上あるという。どのような方法で曲輪数をカウントしたか判らないが、400ヶ所まではカウントしたことはことになる。カウントした人に敬意を表したい。(^^)

 山頂に近づくと尾根は平坦になり、階段状の曲輪はなくなる。どうやら曲輪をつくることが目的ではなく、沖島頭山城と同様に玉の傾斜地を利用して切岸をつくり出すことが目的ではないかと感じた。

 尾根道は沖島の尾山を縦走できるようにつけられており、標高220mの尾山山頂から坊谷城を経て下山することができる。

曲輪と石積み
曲輪と石積み

 城郭の歴史
   尾山麓にある浄土真宗本願寺派の西福寺は保元・平治の乱(1159)の際、近江源氏の落ち武者である七氏の一人、茶谷重右衛門なる者の末裔が本願寺第八世蓮如上人に帰依し、庵を建てたのが開基とされ、尾山城もこうした近江源氏の落ち武者との関連が示唆されるが、詳細は不明。
中腹からの沖島港、山並みは対岸
中腹からの沖島港、山並みは対岸
HOME東近江地区

近江の城郭