近江 小御門城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡竜王町川守
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :居館
遺 構 :土塁
城域 : −

 現地への案内
交通機関
国道477号線小御門地区、山本南の信号の南200m

詳細位置はコチラ 
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2003年6月
【撮 影】2003年6月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



岡田宅の庭に残る土塁
岡田宅の庭に残る土塁

 現地の状況
 小御門城は日野川の支流出雲川の右岸河岸段丘上に位置しており、岡田宅の庭と北側の藪に高さ4mの分厚い土塁が残る。
 東側と南側の竹藪にも土塁が残るが、西側の城域ははっきりしない。


 城郭の歴史
 護良親王が居したことから小御門城との名が生じたと伝える。
「蒲生旧跡考」には「檜皮屋御所の跡」とあり、一説には結解十郎左衛門が居城したと伝える。
HOME東近江地区

近江の城郭