浅井家の菩提寺徳勝寺

HOME湖北のお城小谷城 > 徳勝寺

 徳勝寺は興福山と号し、宗派は曹洞宗。寺伝によれば、応永年間(1394〜1438)上山田村(現滋賀県湖北町)に創立されたといい、初めは医王寺と号した。
永正15年(1518)浅井亮政の小谷城築城に伴い、龍山株源を中興として山麓に移し、浅井氏の菩提寺とした。

天正2年(1574)織田信長によって浅井氏が滅亡し、羽柴秀吉が今浜(現長浜市)に入部。文禄四年(1595)当寺を長浜城内に移し、浅井亮政の諡号徳勝寺殿にちなんで徳勝寺に改号し、井之口村(現滋賀県高月町)内に寺領30石を与えた。

 慶長11年(1606)内藤信成が長浜に封ぜられた際、長浜城下の田町に方二町を与えて移した。元和3年(1617)徳川秀忠は寺領33石余を安堵、寛文12年(1672)浅井長政の百回忌に際し、幕府は祭祀料を施入している。このとき彦根藩主井伊直惟は現在地に移築することを上申し、寺観を整備している。
 享保3年(1718)長政百五十回忌に際し、重ねて井伊家が尽力し、いっそうの寺観を整えたという。また中御門天皇は長政に正二位大納言と白銀50枚・白緞子紋章付幕を下賜、以後皇室より年忌ごとに香料を与える慣例となった。幕府および井伊家などの保護は徳川秀忠の室が浅井長政の女(督、後の於江与)であったことによる。浅井氏三代の夫婦像や一族の位牌、過去帳などがある。

徳勝寺本堂
徳勝寺本堂


浅井氏三代の墓
浅井家三代の墓
 徳勝寺の裏にはマンションがそびえ立ち、過去に幾度となく移転しているこの寺は開発の波に押されて、近い将来又移転することになるかも知れない。


小谷城清水谷の徳勝寺址
小谷城清水谷の徳勝寺址
清水谷から六坊への道を辿ると、屋敷跡の手前に徳勝寺址を示す石碑が建つ。


徳勝寺の住所: 滋賀県長浜市平方町

 詳細位置はコチラ mapfan






観 光
大通寺
長浜市元浜町32-9
大人 500円

 伏見城の遺構と伝えられる本堂や大広間をはじめ、円山応挙、狩野山楽・山雪、岸駒の襖絵、さらに国の名勝に指定されている庭園など見所が多い。


 詳細位置はコチラ mapfan

知善院
長浜市元浜町
TEL 0749-62-5358
大人 300円


 長浜城の搦手門が移築されており、本堂には大坂城落城の折に持ち出された秀吉公の木造が祀られている。

 詳細位置はコチラ mapfan


お薦めの書籍




お勧め度






近江の城郭