近江 那須城
HOME湖東地区
 城郭の概要
所在地:犬上郡豊郷町石畑
別 名 : −
築 城 : −
初城主:砂田民部大輔宗伝
区 分 :館城
遺 構 : −
城 域 : −
 現地への案内

国道8号線高野瀬の信号を東入る、豊郷町役場の北
詳細位置はコチラ 

 駐車場
【訪 城】2007年12月
【撮 影】2007年12月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



那須城の石碑
那須城の石碑

 現地の状況
 那須城は旧中山道沿いにあって、豊郷町の八幡神社一帯とされ、八幡神社の境内に石碑が建てられている。
豊郷小学校の南に土塁が残されていたといい、その規模は一辺が50m〜100mはあったことになる。
 また、付近には「門根」という一画があり、城門があったという伝承もある。

 八幡神社前には、昔は豊郷町役場前にあったとされる土饅頭型の一里塚が再現されており、このような一里塚もあったのかと認識を新たにした。
八幡神社前の石碑
八幡神社前の一里塚

 城郭の歴史
 那須城は治承・寿永の乱(源平の争乱)において、元暦2年(1185年)の屋島の戦いで平氏方の軍船に掲げられた扇の的を射落とした那須与一宗高の次男・砂田民部大輔宗伝が城を築いたと伝えられるが、定かではない。

HOME湖東地区

近江の城郭