中之谷山砦
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町新堂
別 名 : −
築 城 :天正11年(1583)
初城主:原彦次郎長頼
区 分 :山城
遺 構 :土塁
城 域 : −
     標高 386m


 現地への案内

 国道365号余呉町新堂
詳細位置はコチラ 

 駐車場
毛受兄弟の墓前に5〜6台
【訪 城】2000年6月
【撮 影】2000年6月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

中之谷山砦
中之谷山砦

 現地の状況
 林谷山砦から南西の方角へブッシュをかき分けて登ること約20〜30分。中之谷山の頂上付近に中之谷山砦跡を示す1本の標識が建てられている。
 裏手に廻ると50〜60cm程の高さで土塁が認められるが、この標識がないととても砦跡とは判別できない。
下草の少ない落葉期であれば、遺構ももう少し判りやすいのだが・・・・・。

中之谷山砦の周囲の状況
中之谷山砦の周囲の状況

 城郭の歴史
 天正11年(1583)賤ヶ岳の戦いの際に、柴田勝家軍の原彦次郎長頼が築き、約700名の兵と共に布陣した。
 中之谷山砦から更に登ると金森近長等が布陣した橡谷山砦で、更に南南西の方角に登ると前田利家が布陣した別所山砦となる。





お薦めの書籍
お勧め度






お薦めのDVD
お勧め度









HOME湖北地区

近江の城郭