近江 永原御殿(永原城)
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:野洲市永原
別 名 :永原城
築 城 : −
初城主:永原氏
区 分 :館
遺 構 :土塁・堀,石垣,門
城域 :200m×200m

 現地への案内
交通機関
JR琵琶湖線野洲駅下車して約3km
県道2号線永原信号東入る

詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用

【訪 城】1999年7月
【撮 影】1999年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



永原御殿の石垣
永原御殿の石垣

 現地の状況
 県道2号線、江部の交差点を西(琵琶湖方面)に約300m入ると、住宅地の中を抜けると、こんもりとした竹林がある。ここが永原御殿跡である。

 竹林はカラスや鷺などの住み処となって、夏場になると悪臭が漂ってくるため、近くの住民の方たちからは苦情が絶えないようである。
 地元の人たちはボランティアで竹を刈りたいと役所に申し入れたそうだが、御殿跡を保管管理する手前、許可されないとか。困ったことである。

 御殿跡の西側には石積みが残り、御殿の門が同町の浄専寺に移築されているが、この門の管理状態はあまり良いとはいえない。
また、草津の芦浦観音寺に貞享2年(1685)に移建された一棟が観音寺書院(重要文化財)として残されいる。
永原御殿の移築門
浄専寺に移築された永原御殿の移築門

 城郭の歴史
 永原御殿は、江戸期に将軍が上洛する際の宿舎として造られたもので、近江国内では永原御殿以外に柏原御殿伊庭御殿,水口御殿(水口城)がある。

 将軍家が中山道を通って上洛する場合、永原御殿の次の宿舎は京都二条城であった。
この永原御殿も、貞享3年(1686)、幕府の命によって廃城となった。

HOME湖南地区

近江の城郭