近江 東迎山城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市水口町下山
別 名 : −
築 城 : −
初城主:伴氏
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,空堀,虎口
城域 :40m×40m

 現地への案内

県道164号線、さつきが丘の信号の北300m
詳細はコチラ 

 駐車場
迎山集会所の空地を利用

【訪 城】2003年8月
【撮 影】2003年8月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



北側の空堀
北側の空堀

 現地の状況
 東迎山城は水口テクノパークの台地の北端に築かれ、西側は県道164号線に面している。城域はHCS西日本(株)の駐車場北側の竹藪一帯で、小曲輪を伴っているが、基本的には単郭方形の城である。

 主曲輪内部は南北40m、東西40mほどの広さで、南側西隅に平虎口を設け、前面に西側には空堀、曲輪内部の左右には一段高くなった小曲輪を配している。
 北側にも堀が巡らされているが、10〜15mで途切れており、耕地にする際に埋め立てられたのか。
 曲輪周囲には土塁を巡らしているが、土塁上は凹凸が激しく、まさに自然地形から切り出した土塁のようである。

 東隣には溜池があり、ここが藪蚊の巣窟でになっており、藪蚊の大群による所構わずの攻撃には閉口した。(^^)


 城郭の歴史
 伴氏の城とされるが、詳細は不明。

HOME甲賀地区

近江の城郭