近江 茂山砦
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡余呉町文室
別 名 : −
築 城 :天正11年(1583)
初城主:前田利家
区 分 :山城(砦)
遺 構 :土塁
城 域 :30mm×100m
     比高 約100m 

 現地への案内

 国道365号(北国街道)余呉町役場から西へ、余呉町火葬場へ
詳細位置はコチラ 

 駐車場
余呉町火葬場付近の空地を利用
【訪 城】2003年,2008年4月
【撮 影】2008年4月
評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り


お薦めの書籍

お勧め度






お薦めのDVD




茂山砦付近
茂山砦付近

 現地の状況
 茂山砦は神明山砦と同じ尾根の北に位置し、神明山砦とはその距離約1km。神明山砦からは尾根が北と北西に分かれる幅約30m、長さ約100mほどの平坦地である。

 北尾根を下ると文室地区に至り、北西尾根は権現坂へ通じ、権現坂からは北に向かえば集福寺坂を経て行市山へ。また南に向かえば賤ヶ岳に至る。いわば、賤ヶ岳の山岳戦における要衝の地・権現坂を押さえる位置にある。

 現地は一部土塁らしきものが認められる他は砦跡、あるいは陣城跡であることを示すものはない。これは前田利家父子が陣を構えたのは3月20日未明から21日(旧暦)にかけてのことで当然のことであろう。

 この茂山砦に訪れたのは4月25日(旧暦の3月20日)で、賤ヶ岳の戦いがおこなわれたのと同時期(天正期は小氷河期ということもあって現在の気候とは違うが・・・・)。山林の状況なども含め、茂山砦は神明山砦よりも高所にあって、地形的には神明山砦を攻めるに優位な位置にあることを確認した。

神明山砦近くからみる茂山砦の位置
神明山砦近くからみる茂山砦の位置

 城郭の歴史
 茂山砦は天正11年(1583)賤ヶ岳の戦いで行市山砦の佐久間盛政が大岩山砦を急襲した時に、柴田勝家軍の前田利家,利長父子が別所山砦から出て布陣したところである。
茂山砦からみる余呉湖
茂山砦からみる余呉湖

【野暮の独り言】
 前田利家・利長父子が大岩山砦を攻撃した佐久間盛政の退路を確保するためなら権現坂に布陣すればよいわけで、わざわざ茂山まで出張ったことは、佐久間盛政の大岩山砦攻撃と呼応して神明山砦を攻撃する手はずになっていたであろうとこと確信した。

賤ヶ岳の戦いにおける砦位置

賤ヶ岳の戦いにおける砦位置

HOME湖北地区

近江の城郭