近江 望月支城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲南町杉谷
別 名 :在士村屋敷
築 城 : −
初城主:望月氏
区 分 :館
遺 構 :土塁,空堀,曲輪
城域 : −

 現地への案内

県道4号線より杉谷方面へ

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2000年10月
【撮 影】2000年10月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



望月支城を遠望
望月支城を遠望

 現地の状況
 望月支城は望月城から500mほど南に位置する小さな丘の一部を利用して築城されている。25m×25mほどの郭の単郭構造であるが、郭の周囲を高さ5〜7mのぶ厚い土塁で囲んでいる点では、望月城と共通している。

 土塁は東側を除き、三方に巡らされ、東側には土塁はなく開口部としているが、5〜6mの落差で落ち込んで、容易に敵の侵入を防ぐ構造としている。

曲輪周囲の空堀
曲輪周囲の空堀
 城郭の歴史
 甲賀五十三家の筆頭にもあげられる望月氏の支城。

HOME甲賀地区

近江の城郭