近江 望月城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:甲賀市甲南町杉谷
別 名 : −
築 城 :天正年間
初城主:望月氏
区 分 :平山城
遺 構 :空堀・堀切・土塁・土橋・武者隠し
城域 :140m×100m

 現地への案内


詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2000年10月,2004年1月
【撮 影】2000年10月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り




主郭内部から見た虎口
主郭内部から見た虎口

 現地の状況
 甲賀には城郭が非常に多く、一説には甲賀だけで、その数は500を越えるとも云われている。実際に現地を歩いてみると分かるが、0.5km〜1kmの間隔で城郭があるといったふうである。

 しかし、そのほとんどは城郭というよりも館を兼ねた城郭と云う表現が適切かもしれない。従って、そのほとんどが平城もしくは平山城である。
 望月城も例外ではなく、その境を民家と接しており、新築された民家は山肌を削り、望月城の遺構のすぐ近くに建てられている。

 登り口は少々判りづらいが民家の裏庭横の細い道を辿る。遺構は主郭とそれを取り巻く空堀、さらに空堀の外周に沿って設けられた二段の削平地と虎口。いずれも明確に残っており城郭ファンには堪らない。

 なお、近くには望月支城杉谷城などがある。

 城郭の歴史
 甲賀郡の多くの城は方形単郭の館城で、古いタイプの城であるが、杉谷、新治地区に所在する城は従来の方形単郭の館城を基本としながらも、望月城をはじめ新宮城、持前城、村雨城には虎口や武者隠しの設備を附属させた、比較的新しいタイプの城がみられる。

HOME甲賀地区

近江の城郭