近江 三雲城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:湖南市吉永字城山
別 名 :吉永城
築 城 :長享元年
初城主:佐々木六角氏(三雲氏)
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堀切,空堀,枡形,土橋,石垣,井戸
城 域 :300m×200m
     標高 314m
     比高 140m

六角氏の家紋

四つ目結


隅立て四つ目結

 現地への案内

国道1号線甲西吉永信号南入る、青少年自然道場
詳細位置はコチラ 

 駐車場
夏期は青少年自然道場駐車場,冬期は路上脇に駐車
【訪 城】2001年2月
【撮 影】2001年2月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

山腹の虎口石垣
山腹の虎口石垣

 現地の状況
 青少年自然道場手前の道路際に車を置いて、舗装された林道を歩くこと約20分で三雲城址の石碑が建つ登城道に着く。
 山道は北尾根を登るようにつけられているが、この尾根の東斜面は傾斜が緩やかなこともあって、至るところに石垣や空堀,堀切及び土橋などが確認できる。

 山腹には巨石による枡形虎口が設けられ、「ミニ観音寺城」といった観がある。山頂の主曲輪は25m×15m程度で、主曲輪の西に堀切を挟んで15m×15m程度の砲弾型の曲輪(2の曲輪としておく)があり、曲輪西側には土塁が確認できる。

 2の曲輪から西へ延びる尾根は「馬の背」状に細くなり、この尾根を4条の堀切で処理している。

 登城コースとしては登りは舗装された林道が良い。しかし帰路は三雲城址の石碑から谷を下りることをお勧めする。
この辺りはどの谷筋を通っても石垣が積まれており、楽しめること請け合いである。ただ、どこまでが当時のものなのか判別は難しい。
主曲輪の虎口
主曲輪の虎口
 なお城内には、六角氏と三雲城の関係を裏付けるように、「隅立て四つ目結」の刻印された石がある。
写真提供を頂いた辻村氏によれば、「八丈岩の西、三雲城址に向かって見える巨岩」とのことである。

 城郭の歴史
 三雲城の築城年代は定かではないが、三雲典膳が築城したと伝えられる。
 三雲氏は、近江国守護職六角氏の旗頭、軍代を勤め、長亭元年(1487)の室町将軍足利義尚が全国諸大名に出した六角討倒令の際には、この三雲城が六角氏の亡命臨時本城として利用された。

 六角氏は、本城観音寺城を攻撃され危険を感じると、甲賀に亡命し、甲賀武士をはじめ、近在部将とともに抗戦する戦術を幾度か用いている。こういったゲリラ戦法を、「呼び込み軍法」と云われている。

 甲賀から直接観音寺城へ通ずる道を観音寺道といい、天文6年(1537)には六角義賢、永禄11年(1568)織田信長の近江進攻時に和田山城箕作山城を落とされた六角承禎(義賢)、義弼は当城に逃れてきており、観音寺城の奥城と呼んでもよい城である。




お薦めの書籍
お勧め度







お勧め度





三雲城をもっと紹介

土塁を廻らせた曲輪
土塁を廻らせた曲輪


石に彫られた隅立四つ目結
石に彫られた隅立四つ目結
写真提供:辻村様

谷筋の石垣
谷筋の石垣


隅立て四つ目結の刻印された巨石
隅立て四つ目結の刻印された巨石
写真提供:辻村様
HOME甲賀地区

近江の城郭