近江 三上陣屋
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:野洲市三上
別 名 : -
築 城 :元禄11年(1698)
初城主:白須数馬胤親
区 分 :館
遺 構 :堀
城域 : −

 現地への案内
交通機関
国道8号線三上山信号を東入る

 駐車場
駐車場は無し

【訪 城】2000年9月
【撮 影】2000年9月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



三上陣屋跡
三上陣屋跡

 現地の状況
 三上陣屋跡に建つ民家は今も当時の面影を残している。前を流れる川は堀として利用していたのであろうか。

 三上陣屋の表門が甲西町岩根の常永寺に移築され、山門として現存している。また、町内の民家に裏門が移築されているというが・・・・・。

三上陣屋から移築された常永寺の山門
三上陣屋から移築された常永寺の山門

 城郭の歴史
 美濃郡上八幡城の遠藤常久は七歳で家臣のために毒殺された。その結果、遠藤氏二万四千石は没収された。

 その後、先祖慶隆の忠誠の追賞として、白須才兵衛政休の長男数馬胤親に相続させ、改めて常陸下野の内一万石に封じた。

 その後、元禄11年に近江国に領地替を命じられ、三上藩が成立した。胤親の後、胤将・胤忠・胤富・胤妙・胤城と遠藤氏が代々継承し幕末を迎える。 

 明治3年4月、遠藤胤城は三上陣屋が手狭であり、所領であった和泉国吉見(現大阪府泉南郡田尻町吉見)に陣屋を移し、吉見藩と改称することを政府に願い出たが、政府の許可が下りた時点で三上藩は、廃藩置県をまたずに廃された。
HOME湖南地区

近江の城郭