近江 丸岡城
HOME甲賀地区
 城郭の概要
所在地:湖南市柑子袋(こうじぶくろ)
別 名 :養林寺城
築 城 : −
初城主:青木籐兵衛尉
区 分 :館城
遺 構 :土塁,堀,土橋
城域 :100m×50m
 現地への案内

国道1号線柑子袋南入る柑子袋公民館横の道を南へ約200m
詳細位置はコチラ 

 駐車場
墓地駐車場に5台駐車可
【訪 城】2001年9月,2008年5月
【撮 影】2008年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



曲輪周囲の空堀
曲輪周囲の空堀

 現地の状況
 丸岡城は旧東海道の約200mほど南の丘陵地にあって、東約100mには支城と考えられる東丸岡城があり、このあたりは甲賀特有の “小城が連携しあって戦う” といった考え方で築城されているが、丸岡城は単郭方形の曲輪の虎口前面に小曲輪と共に土塁を配し、主曲輪虎口の強化が図られている。

 主曲輪の周囲の斜面にも曲輪状の地形が認められるが、削平状態が甘く城域がどこまでかははっきりしない。

 西方約1kmには石部城、東方約3kmには三雲城があり、元亀争乱の中で織田方、あるいは六角方の改修の可能性が考えられる。

 2008年5月、久しぶりに訪城したが、丸岡城のすぐ横まで宅地が建ち並び、開発が進んでいるの気がかりである。
空堀にかかる土橋
空堀にかかる土橋

 城郭の歴史
 丸岡城は、治承4年(1180)源頼朝に従って軍功を立てた青木籐兵衛尉が築城したと伝えられる。
 青木氏は甲賀五十三家の一家で、元亀年間(1570〜1573)に織田信長に下り、天正13年(1585)には豊臣秀吉により領地を召し上げられている。

石部城方面
石部城方面をみる
HOME甲賀地区

近江の城郭