近江 鈎陣屋(足利義尚陣所)
HOME湖南地区
 城郭の概要
所在地:栗東市上鈎
別 名 :足利義尚陣所
築 城 :長享元年(1487)
初城主:足利義尚
区 分 :館
遺 構 :土塁・堀
城 域 :200m×220m
      町町指定史跡

 現地への案内
交通機関
国道1号線上鈎の信号を西へ200m

詳細位置はコチラ 

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年5月
【撮 影】2001年5月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



陣屋跡地に建つ永正寺
陣屋跡地に建つ永正寺

 現地の状況
 上鈎にある永正寺とその西にある竹藪が鈎陣屋の跡である。
永正寺の東側の空き地には高さ約2mの土塁が約20mにわたって今も残っている。

 竹藪は手入れがされておらず、荒れ放題だが、周囲を歩くと何ヶ所か藪に入れる箇所があり、藪の中には堀跡が残る。

陣所平面図
鈎の陣所平面図

 城郭の歴史
 応仁元年(1467)、京都で勃発した応仁の乱はたちまち諸国に波及し、近江においても激しい戦いが繰り広げられた。

 長享元年(1487)7月、時の将軍足利義尚は総勢数千の兵を自ら率い、近江へ六角定頼征伐の出陣を行い、同年10月坂本から琵琶湖を越え鈎の安養寺に陣をおき、その後安養寺から20町余り離れた真宝館へ陣所を移した。
 その陣所跡に建てられたのが現在の当寺と云われている。

 江戸時代に描かれた「寺内村由来図」によれば、陣所は土手と堀水に囲まれ「本丸」、「二の丸」の中心部とその外側の「三の丸」からなり、敷地は東西114間、南北120間余りと記載されており、陣所の規模を知ることができる。 (栗東市教育委員会 現地案内板より)


HOME湖南地区

近江の城郭