小山館
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:伊香郡木之本町小山
別 名 : −
築 城 : −
初城主:小山氏
区 分 :山城
遺 構 :堀,土塁
城 域 : −


 現地への案内

 国道365号線(北国街道)木之本
詳細位置はコチラ 

 駐車場
公民館前に数台
【訪 城】2000年10月
【撮 影】2000年10月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

館周囲の土塁
館周囲の土塁

 現地の状況
 国道365号線(北国脇往還道)から石道寺を目当てに走り、高時川を渡ったすぐの道を、右にとると、小山城のある集落に着く。
集落の戸数を数える気になれば簡単に数えられそうな集落の中に、周囲を土塁と堀で囲まれた小山城に行き着く。

 現在でも小山氏がお住まいで、その敷地の大部分は畑と竹藪である。玄関の年代を感じさせる門が嬉しい。土塁で形成された虎口は現在も裏門として使われている。


 城郭の歴史
 小さな集落にひとつのお社、ひとつの城郭(館)、典型的な土豪の城郭として、米原市教育委員会・中井先生お勧めである。
冠木門風の玄関
冠木門風の玄関




観光
北国街道木之本宿
 現在でも宿場の臭いが漂う町並みが残されています。

木之本地蔵院(浄信寺)
伊香郡木之本町木之本944
TEL 0749-82-2106

 天正11年(1583)賤ヶ岳の戦いに際して、羽柴秀吉が本陣を構えた所で、日本三大地蔵尊の一つに挙げられる像高約6mの巨大な地蔵尊がある。




お薦めの書籍





HOME湖北地区

近江の城郭