近江 小谷城(こたにじょう)
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡日野町小谷
別 名 : −
築 城 : −
初城主:小谷氏
区 分 :平城
遺 構 :曲輪
城域 : −

 現地への案内
交通機関
国道477号線小谷地区西入る

詳細位置はコチラ
 駐車場
空地を利用

【訪 城】2002年7月
【撮 影】2002年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



円林寺と竹田神社
円林寺と竹田神社

 現地の状況
 小谷城は、東海道の土山宿と中山道愛知川宿の小幡(五個荘町)を結ぶ脇街道である御代参街道(国道477号線)沿いにあって、小谷地区集落の西、小高い林の中にある竹田神社と円林寺の一帯が小谷城跡ではないかとされている。

 竹田神社の裏、あるいは円林寺の西側の竹藪には曲輪跡とおぼしき削平地が幾つかあり、円林寺境内に祀られている稲荷大神の一画は周囲よりも一段高く、櫓台とも考えられる。


 城郭の歴史
 蒲生氏の支流小谷氏の居城で、「蒲生旧趾考」には蒲生氏は、初め小谷山城にいたと記している。
 南北朝時代、蒲生氏が南朝に味方したとき、高師泰に攻められて落城している。

円林寺境内
円林寺境内

円林寺境内
円林寺境内

HOME東近江地区

近江の城郭