近江 金堂陣屋 
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市外町
別 名 :外村城
築 城 : −
初城主:小倉氏
区 分 :平城
遺 構 :土塁,石積み,堀
城域 : −

 現地への案内

国道8号線国道石塚信号を北入

 駐車場
近江商人屋敷駐車場を利用

【訪 城】2001年1月
【撮 影】2001年1月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



陣屋跡に建つ稲荷神社
陣屋跡に建つ稲荷神社

 現地の状況
 金堂陣屋は近江商人発祥の屋敷跡が残る五個荘町金堂の一画にある。通りの名前も陣屋通りといい、陣屋の跡地には稲荷神社が祀られている。

 陣屋跡地の大半は外村繁邸屋敷になってしまっている。陣屋の表門が近くの勝徳寺の表門として改修されて残っている。
徳勝寺の表門
徳勝寺の表門

 城郭の歴史
 貞享2年(1683)に本多忠平が大和郡山藩主として入封した時、近江国内で4万石が所領が与えられた。
このうち、蒲生,神崎,坂田三郡の所領を管理するため、金堂に陣屋がおかれた。

 陣屋には代官1名、手台2名、書役1〜2名が常駐し郡山藩士が交代で在番し、司法、行政を司っていた。「神崎郡史稿」に収録されている古図から、陣屋は長屋門と堀に囲まれ、役所,役宅と土蔵,牢屋、稲荷社があったことがわかっている。

 明治5年に廃止され、敷地は民家に払い下げられたが、長屋門は西側の徳勝寺に移築されている。(現地案内板の内容を一部編集)



近江商人の町並みを紹介


近江商人 藤井彦四郎邸
近江商人 藤井彦四郎邸

近江商人 外村宇兵衛邸
近江商人 外村宇兵衛邸
HOME東近江地区

近江の城郭