近江 上迫城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡日野町上迫
別 名 :儀俄氏屋敷
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平山城
遺 構 :土塁,堀切
面 積 : −

 現地への案内

国道307号線別所の信号東、県道183号線

 駐車場
駐車場はなし

【訪 城】2001年4月
【撮 影】2001年4月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

竹林の中に残る土塁
竹林の中に残る土塁

 現地の状況
 上迫城は東西約70m、東西約45mで東側が凸型に突き出た形をした単郭城郭で、北〜西〜南には土塁を巡らしている。
 特に西側の土塁は高さ7〜8mにもおよぶ。北は深さ7〜8mの堀切を設け、東は道路まで急斜面で落ち込んでいる。この東斜面は道路を敷く際に土塁等の遺構が削り取られいる可能性が高い。

 東側の道路を挟んだ田圃は“的場”の地名が残り、この辺り一帯も城域であったことが窺える。また、北側を流れる川に渡した橋は"馬場橋"、近くの田圃には"門の裏"等と名が残っている。

 馬場橋の袂の姫塚には案内板が建てられており以下の内容が書かれている。

 この姫塚は伝説の塚である。戦国時代の昔、すぐ西側にあった上迫城で合戦があって城が落城したとき、城の姫がこの場で自害したので、村人が葬ってやりダマの木を植えて姫塚と称した。
 後年大木になったので木を切り真龍寺の薪にしたところ、姫のたたりで寺が全焼し、恐れた村人は再び鎮魂のダマの木を植えた。
 昭和34年の町道修復で姫塚が消滅することになったので、二代目の大木に成長したダマの木を伐りこの石碑を建立した。(日野町観光協会・南比都佐公民館)

 城郭の歴史
 日本城郭全集によると、「蒲生氏の支流儀俄氏の在住した所である。儀俄氏は藤原氏の勧学院領である甲賀郡嵯峨荘に下司職となったことからその名を称し、のち梶井宮門跡領の下司を兼ね、この地に居を構えた」とある。




お薦めの書籍







HOME東近江地区

近江の城郭