近江 鎌刃城
HOME湖北地区
 城郭の概要
所在地:米原市番場
別 名 : −
築 城 :天文〜元亀年間
初城主:土肥三郎元頼
区 分 :山城
遺 構 :堀切・土塁・竪堀・石垣
城 域 :430m×220m
     標高 384m
     比高 254m 
戦 い :
天文7年(1538)
  ○六角定頼
     VS
  ●浅井亮政
国指定史跡

 現地への案内
交通機関
国道21号樋口西交差点から番場へ
 詳細位置はコチラ mapfan

鎌刃城への登り口はこちらを参照
(天神道:30分,滝が谷林道:約1時間)
 鎌刃城へのお勧めルートは、第二のルートから登り、鎌刃状尾根の堀切を堪能したのち、山頂の曲輪群および石垣を見て回り、第一のルートを下りて来るのが良い。

 駐車場
駐車:約20台有(蓮華寺)、番場地区名神下に10台

【訪 城】2000年11月
【撮 影】2000年11月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★★
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



お薦めの書籍








三の丸の枡形虎口
三の曲輪の枡形虎口

 現地の状況
 鎌刃城は霊仙山の東尾根から派生する支尾根の東端に築かれ、中山道の番場宿を見下ろす位置にある。
 番場宿は西には琵琶湖の水運を利用できる朝妻港を控え、東は美濃、南は京へと続く中山道と、木之元宿を経て越前に通じる北国街道が交差する交通の要衝にある。

 こうした要衝の地をめぐって、天文年間から永禄年間にかけては江北の浅井氏と江南の六角氏の戦いが繰り返され、中山道に沿っては鎌刃城以外にも菖蒲岳城、太尾山城、および地頭山城などが点々と築かれている。

 鎌刃城は尾根頂部の主曲輪を中心として、北と東に延びる尾根上には連郭式に曲輪が配され、南尾根は幅2mほどの痩せ尾根にもかかわらず8条の堀切を入れるなど徹底した防御が図られている。
 鎌刃城の名前は、この尾根の形状が鎌の刃状であることに由来しているのかもしれない。

 主曲輪から延びる北尾根には小曲輪も含め7つの曲輪を階段状に築き、尾根の先端は3条の堀切で処理している。
また、西に延びる尾根にも小曲輪を連ね、堀切と切岸による防御が主体であるが、尾根の先端部斜面には3条の畝状堅堀を配するなど、近江では数少ない防御パーツも使われている。

 こうした連郭式の縄張りを持つ鎌刃城が、他の中世城郭と一線を画するのは、石造りの城という点にある。
1999年から発掘調査が実施されるまでは、石垣といえば主曲輪から東に延びる尾根先端の曲輪(ここでは、仮に三の曲輪としておく)の南斜面に高さ3〜4m、長さ40mほどの石垣(通称:大石垣)だけであった。
 しかし、1999年から2002年までの3年間に渡る発掘調査で、主曲輪周囲を石垣で固め、虎口は山城としては異常に大きい石造りの枡形虎口を備えていること、また三の曲輪にも石造りの枡形虎口を有するなど、要所要所は石積みで固められていることが判明した。

 鎌刃城の石積みは地山で産出する石灰石が用いられ、石を積み上げるというよりは、石と石との間を粘土で固めたといった造りで、白い石と赤茶色の粘土のコントラストが印象的である。
なお、城内の石積みは主要部分を除いては発掘調査終了後に埋め戻しされている。

 山麓の蓮華寺には鎌刃城城主の土肥三郎元頼の墓がある。
また、蓮華寺は元弘3年(1333)後醍醐天皇に味方する足利高氏(尊氏)に敗れた六波羅探題の北条仲時が鎌倉へ落ちる途中、京極高氏(佐々木導誉)に行く手を阻まれ、北条仲時以下432人が自刃した寺で、境内には自刃した北条仲時以下432人の供養塔もある。

主曲輪への虎口
主曲輪への枡形虎口

 城郭の歴史
 鎌刃城は鎌倉時代に箕浦庄の地頭であった土肥氏の居城として築城されたと伝えられている。
しかし、土肥氏は番場に残る「殿屋敷」に居城していたと考えられ、鎌刃城は番場地区から離れた山中にあり、在地支配の城(仕置きの城)ではなく、軍事目的で築かれた城ではないかと考えられている。
 一説には、鎌刃城近くを通る間道(通称年貢道)を押さえる城であったともされる。

 鎌刃城は江南の六角氏と江北の京極氏や浅井氏の国境に立地していることから、「境目の城」として、文献にも文明4 年(1472)以降に登場し、室町時代に築城されたと考えられている。
 六角氏方の今井氏が京極氏方の堀氏の守備する鎌刃城を攻めたことや、堀氏が後に六角氏方に降り、再入城したことなどが知られている。

 元亀元年(1570)堀氏は姉川の戦いに際し、樋口氏と共に織田信長に降り、翌年5月6日浅井長政に鎌刃城を攻められている。
 この時横山城(長浜市)を守備していた木下籐吉郎(後の豊臣秀吉)が応援に駆けつけ、長政軍を撃退したことが「信長公記」に記されている。

主曲輪の土塁
主曲輪土塁


鎌刃城をもっと紹介

主曲輪周囲の土塁と内法の石積み
主曲輪周囲の土塁と内法の石積み


三の丸北側の堀切
三の曲輪北側の堀切
本丸と土塁
主曲輪と土塁


三の丸の大石垣
三の曲輪の大石垣
HOME湖北地区

近江の城郭