近江 可曲城(かまがりじょう)
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市五個荘可曲
別 名 : −
築 城 : −
初城主:河曲壷岐守
区 分 :平城
遺 構 : −
城域 : −

 現地への案内
交通機関
国道8号線梁瀬の信号を西に約1km、可曲地区のほぼ中央部、本念寺に隣接するグランド

詳細位置はコチラ  
 駐車場
グランド駐車場を利用

【訪 城】2005年4月
【撮 影】2005年4月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



小字名 堀之内のグランド、背後は和田山
小字名 堀之内のグランド、背後は和田山

 現地の状況
 和田山城を擁する和田山の約500m南、可曲地区の伝承では、可曲神社の北隣が近江三能筆の一人、河曲壷岐守の居城であるとされる。

 この可曲神社の西約100mほどのグランドの小字名を “堀之内” といい、グランド東側(可曲神社辺り)を “堀之前” という字名から考えると、このグランドの周辺が可曲城跡と考えるのが妥当ではないだろうか。

 グランドの南側を流れる大同川がグランドの南西隅で北に流れを変える。この大同川を堀として利用した城であったことが推測される。
 なお、グランドの北方、六角氏の家臣清水源八の邸跡とされる小字清水には土盛りの塚が残っている。


 城郭の歴史
 地元伝承では、近江三能筆の一人である河曲壷岐守の居城は、小字里ノ内の河曲神社の北隣だったとされる。

HOME東近江地区

近江の城郭