近江 垣見城 
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:東近江市垣見町
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :平城
遺 構 :堀
城域 : −
戦 い :
応仁2年(1468)
  ○京極持清・六角政尭(東軍)
     VS
  ●六角高頼(西軍)
元亀2年(1571)
  ○織田信長
     VS
  ●六角承禎・一向一揆衆

 現地への案内

県道2号線で垣見地区

JR琵琶湖線能登川駅下車、徒歩10分

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2003年7月
【撮 影】2003年7月

評価項目 見所評価
選地 ★☆☆
縄張り ★☆☆
普請 ★☆☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★☆☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り



垣見城跡と推定される一画
垣見城跡と推定される一画

 現地の状況
 垣見城は垣見地区にあって、射光寺川が蛇行しながら流れる一帯であるとされるが、その場所は特定されていない。
 しかし、地元には金剛寺の東隣と南側に、それぞれ姫屋敷,殿屋敷と呼ばれる伝承地がある。
また金剛寺の西側に射光寺川を周囲に巡らせ、周囲よりも一段高い一画があり、この一画が垣見城跡ではないかと推定される。

 以前、垣見地区の金剛寺を垣見城跡と紹介していましたが、Fさんより金剛寺の石垣城ではないとご指摘頂き、再度調べなおしました。
Fさん、どうもありがとうございました。
堀の名残をとどめる射光寺川
堀の名残をとどめる射光寺川

 城郭の歴史
 応仁元年(1467)から始まった応仁・文明の乱の戦いの中で、六角氏と京極氏は垣見で戦い、元亀元年(1570)六角氏再興戦にも籠城したと伝える。

HOME東近江地区

近江の城郭