近江 鎌掛山屋敷
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡日野町鎌掛
別 名 : −
築 城 : −
初城主: −
区 分 :館
遺 構 :土塁,空堀
面 積 : −


 現地への案内

国道477号線日野町川原の信号から県道41号線方面へ
詳細位置はコチラ 

 駐車場
山道脇に路上駐車

【訪 城】2001年6月
【撮 影】2001年6月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★☆☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★☆☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

鎌掛山屋敷の土塁
鎌掛山屋敷の土塁

 現地の状況
 鎌掛山屋敷は、鎌掛城が建つ城山が西に延びる舌状尾根の山麓に広がる。山城に付随した屋敷跡にしては非常に規模が大きい。
曲輪がなだらかな斜面に階段状に配され、あちこちに土塁や空堀が見られる。

 鎌掛城に登る際には、屋敷跡が城山の西斜面にあるからといって、この西斜面から登ってはならない。道は途中で消え、山頂付近は崖状の斜面を登ることになる。
登る場合は鎌掛城に記載の登城ルートを参考にしてほしい。

 城郭の歴史
 鎌掛城に関連した屋敷跡であることは間違いないと考えられるが、詳細は不明。




お薦めの書籍







HOME東近江地区

近江の城郭