近江 鎌掛城
HOME東近江地区
 城郭の概要
所在地:蒲生郡日野町鎌掛
別 名 : −
築 城 :大永3年(1523)
初城主:蒲生秀紀
区 分 :山城
遺 構 :土塁,堀切,井戸,堅堀
城域 :150〜200m×30m
蒲生氏の紋

対い鶴

 現地への案内
交通機関
国道477号線日野町川原の信号から県道41号線方面へ、屏風岩を目当てに

詳細位置はコチラ mapfan

 駐車場
空地を利用

【訪 城】2001年6月,2001年9月
【撮 影】2001年6月,2001年9月

評価項目 見所評価
選地 ★★☆
縄張り ★★☆
普請 ★★☆
体力消耗度 ★★☆
お勧め度 ★★☆
が多い方がお勧め (三段階評価)

体力消耗度
  
:山道はほとんどなし
 
★★:10分〜30分程度の山登り
★★★:約1時間ほどの山登り

お薦めの書籍





土塁と虎口
土塁と虎口

 現地の状況
 鎌掛城は音羽城の南西約2km、鎌掛地区の通称"城山"の山頂に位置している。比較的知名度の高い城にも係わらず、地元の人に聞いても誰一人知る人がいない。

 山頂から南北に延びる尾根の緩斜面は長さ150〜200m、最も幅の広い部分で30mほどであろうか。狭い尾根をこれ以上有効に使いようがないと思えるほど地形を巧みに利用して築城されている。四方はすべて急峻な崖状地形である。

 主曲輪(25m×30m)は南端に位置し、傾斜地を平坦にするため3〜4m掘り下げて、土塁と土壁で東〜南〜西を囲み、曲輪が続く北側だけが開口された格好だ。

 階段状の曲輪が4段ほど続き、北端の曲輪(25m×20m)に至る。ここも主曲輪と同様三方を土塁と切り出した切岸に囲まれ、甲賀地方でよく見る土塁に囲まれた方形城郭のミニチュア版といったところ。

 四方が急峻な崖だけにここまでするかという違和感さえ感じる。とりあえず言葉で表すとすれば「凄い城」である。なにが凄いかはなかなか言い尽くせない、難攻不落の城であるというのが最も適切だろう。

堅堀
堅堀
山腹の井戸
山腹の井戸
 さて、登城ルートだが、ルートは2つある。
ひとつは、鎌掛山と正法寺山との間の谷を、鎌掛の屏風岩に向けて歩き、途中から山中に入るルート。
もう一つは、山頂から西に延びる舌状尾根の山麓にある鎌掛山屋敷跡から、斜面を直登すること25分間ほどであるが、最後の登りはロッククライミングさながら。(^^;

屏風岩への道
屏風岩への途中の道から右手に入る
鎌掛山の遠望
鎌掛山の遠望
 なお、鎌掛谷にはホンシャクナゲが群生しており、4月下旬〜5月上旬には谷一面に咲くホンシャクナゲは一見の価値がある。鎌掛谷のホンシャクナゲ

 城郭の歴史
 永正10年(1513)蒲生貞秀の死後、蒲生家は家督争いから内訌に発展し、大永2年(1522)蒲生高郷は観音寺城の城主・六角定頼の援けを得て、甥の秀紀の居城・音羽城を攻めた。

 秀紀は8ヶ月におよぶ籠城の後に降伏し、定頼の調停で両家分立とした。その後、秀紀は音羽城を破却して鎌掛城を築き、高郷は中野城を居城とし、蒲生氏は二家に別れることとなった。

 大永5年(1525)秀紀の叔父高郷と、その子定秀は、鎌掛城の秀紀を毒殺することを企てた。禅憎祥善に毒を飲まされた秀紀は、自ら腹を切り池に落ちて死んだといわれている。
 鎌掛城は築城後わずか3年たらずで廃城となった。


HOME東近江地区

近江の城郭